上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここんとこ、波乗りするにあたり重要視しているのが乗り代。

 重たいSUPを加速させるには、加速出来る斜度とその斜度の維持時間の確保。
これ無くしては、練習が出来ない。
しかし、相手は自然。
バイクと違い、同条件の反復練習が難しい。
プラス、この脳味噌では毎回違う条件のライドから取捨選択して昇華させるのは至難の業(汗)
んで2011022002_convert_20110220233823.jpg
選んだ方法が、練習にならない波に乗らない。
乗り代の確保無くして若葉マークの脱出は無し、とばかりに波グルメに徹している(つもり)
 
 また、客観的に自分を分析できる方法に写真を撮ってもらうのも有効であると考える。
今までは、岸から一方向からの撮影ばかりであったが、今回サーフ仲間のトミー氏が水中カメラを持ち込み
撮影と相成った。
器用なトミー氏は、初めての撮影にも関わらずピント;撮影方向共に素晴らしい撮影をして頂いた。
私は・・・、当然ながら撮影も若葉(爆)
 しかし、楽しい時間を過ごせたな-(^^V
トミーさん 有難う御座います m(__)m
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。