上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 鹿児島県のA市のボーナス支給があった  らしい・・・

 職員はボーナス半額で嘆いている     らしい・・・

 市民はボーナスさえ出ないので嘆いている。いや、怒っている。

 市職員は市長をリコールすべく署名運動している らしい・・・

 県知事は市長を説得しにいった     らしい・・・

 市長は知事の事を「所詮、役人だな」と言った。

 元々はA市の汚職等問題で再選し続ける市長なのに。

 誰の為の市政なのか、暴走劇は役人得意のメディア・コントロールにしか見えない。
 (暗黒費(笑)・機密費から一部メディアに渡っているのは今や公然の事。)

 何故なら、市民が何とかして欲しいと望んだ人なのだから。

 悪政蔓延る処に斬り込んで、四面楚歌なのを予想するのは容易いはず?。

 味方が居なければ一人で出来る仕事は限られてくる。

 現在の行動や専決処分が妥当かは別として、何が何でも目標を実現する。

 ここの政治を必ず良くする! そんな熱い思いのある政治家が他にいるだろうか?

 自分が信じた事・自分を信じてくれる人の為に、彼は今や犯罪者にならんとしている。

 切り取った場面を繰り返し見せられる(洗脳以外の何物?)。彼が何故当選したのか?何故不信任くらっても
 再選したのか!?

 そのバックボーンを覚えているのだろうか? その記事も片隅であったから覚えている前に気づかない人が
 ほとんどだと思う。 ほんとマスキングしすぎ


 署名の本当の題名を何にすべきか?。

 私達は真剣に考えなければならない。
 何故なら、次は私達の市政であるかもしれないのだから・・・。

 いや、説得しに行ったのは県知事・・・ と言う事は!!

 ※ジョン・カーペンター監督の「ゼイリブ」を鑑賞し干渉されたし。
 

 
 

 
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。