2008.06.29 冷汁の魔力
 宮崎に行く理由の一つに「冷汁」の存在がある。
唯の猫マンマと言われる事もあるらしいが、私には素晴らしく愛すべきフードである。
汁のダシ・トッピングの胡麻やミョウガetcが、また食べたいと思わせる。
また店それぞれの味があり、次はアソコ行きたいな~と探究心も擽るのである(^^)

 ちなみに、ここ数年ブーム?になっている「肉巻」も宮崎発信のフードである!
2008062520550000.jpg
スポンサーサイト
京都土産に「阿闍梨餅」なるものを戴いた。
餅米をベースにして、氷砂糖や卵といったさまざまな素材を練り合わせた生地に、丹波大納言小豆の粒餡を包んで焼いた半生菓子で、しっとりとした皮(コレが絶妙!!)とあっさり風味の餡が見事に調和した逸品だ。阿闍梨という高僧を意味する梵語に恥じない味と感じた。
 また安政三年創業なのに菓子が四種類しかない。 なにやら一菓子に対し餡を使いまわさない!かららしい。 どこかの料亭に聞かせたい話である(爆)
2008061717540000.jpg
 となると、後の三種類も食してみたいっ!!<
 子供の頃、お菓子がグルグル回るこの台の前で長時間眺めていた記憶がある。
実際は親に叱られて長い事見ているわけではないのだが、ロックオンしてるのと来る度に見てるから、そんな記憶になるのだろう・・・
 これと並び、鮮烈な記憶にあるのが「金生まんじゅう」の製造マスィーンだ(笑)
この意見に賛同される御同輩は多いのではなかろうか? 福岡在住時に鹿児島出身者に土産で持っていったところ、涙ぐんだほどだから。
 冷えると極端に不味くなるモノなのにだ(笑) 

 そんな幼い頃の気持を思い出しながら、今日もロックオン(^^;2008061517380000.jpg
0806111.jpg
 小波の日。
サーフボードは加速してくれない。 バイクや自転車と同じで、スピードが出なければバランスがとりにくく、ボードの上に立つ事が困難となる。
 小波の日。
そんな日が、日頃のトレーニングによる筋力加速の確認とバランスの練習になる。
しかし、日曜の海は初心者にイイ波は回ってこない。 
少ないチャンスを伺い、ここぞとばかりに漕ぐ漕ぐ漕ぐ漕ぐゴフッ(ナベアツか加齢による呼吸困難かは神の味噌汁) そして立てるなら立つ(笑)
 フォーティー・サーファーのサーフィンライフは始まったばかりだ。
2008.06.02 斬れ味
 デイトナ675で初のサーキット走行を経験した。 最初は残りの慣らしをするつもりであったが、周りがガーンと行けばガーンである(^^;
 タイムと言えば20秒フラット(汗) 公言目標に及ばなかったが、それ以上の悔しさがあった! 遣り方が明確に自覚しつつあるのだが、体が言う事を出来ない! 心と体がシンクロしない! いや、心が負けているのである!! それも分かるから余計にジレンマが募る・・・
KING of SのN村氏や餃子氏が目の前で斬れ味のあるライディングをわざわざ教えてくれるのに(悲)

 image.jpg


恐怖に打ち勝ち、キレを得る為に更なる心身のトレーニングを勧めよう。
近い将来に「斬」!!<